oonoarashi’s blog

岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!「安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介」エキサイトニュース 2015年8月17日 https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1400/

【注射されたメッセンジャーRNAは体内に半永久的に残るかもしれない】遺伝子ワクチンは人類が初めて経験~通常のワクチンは実用化まで10年以上~

【今日の気になったニュース・記事】

 

2,000社以上の経営者と面談した、元東証一部上場のベンチャーキャピタリストが厳選!

新旧問わずに、その日、気になったニュースをピックアップ!

新しいニュースから、古い記事まで「新たな発見」をお届けいたします。

 

 

【本日のニュース・記事】

 

■ぶっつけ本番のコロナワクチン、受けるべきか受けざるべきか

NEWSポストセブン(2021.01.24)

 

 


~~~

 


ワクチンを打たれる側として気になる副反応、接種リスクの件である。


これについて、新潟大学名誉教授の岡田正彦医師によるこんなコメントを掲載している。


〈例えば、ファイザーとモデルナのワクチンで使われるメッセンジャーRNAは、本来われわれの体内で短時間で消滅するようになっている。今回のワクチンではその特性を何らかの方法で変え、分解されないようにした。分解されないとすると、注射されたメッセンジャーRNAは体内に半永久的に残るかもしれず、それがどう影響するのか誰にもわかりません〉

 

そもそもメッセンジャーRNAなるものが何なのかを理解してからでないと文意が読み取れないともいえるのだが、この岡田医師は今回のコロナワクチンを「絶対に打ちたくない」と言ってもいるそうだ。


将来的にがんになるリスクがないとは言い切れないとも。

岡田医師の専門は、予防医療学と長寿科学だ。ウイルスや免疫学の専門家ではないものの、長生きしたければ得体のしれないワクチンなど接種すべきでないというわけか。


接種したほうがいいのか、しないほうがいいのか。


副反応について厚労省はHPで、〈ワクチン接種後は、体内に異物を投与するため、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛などの副反応が起こることがあります。治療を要したり、障害が残るほどの重度なものは、極めて稀ではあるものの、何らかの副反応が起こる可能性を無くすことはできません〉と説明してはいる。


だが、メッセンジャーRNAを始めとする遺伝子を利用した今回のワクチンの接種は、人類が初めて経験するものである。

しかも、通常のワクチンは開発から実用化まで10年以上かかるところを、ほんの1年足らずの猛スピードで登場させたものだ。


主に治験の工程をかなり簡略化させた、乱暴に言えばぶっつけ本番のように使われるワクチンだ。

何が起きるかは未知数なのである。


実際に受けるべきかどうか、例えばかかりつけ医に相談するという手がある。

だが、はたして自分のかかりつけ医の判断を信用していいのかどうか。


次のような記事を読むと、その段階からして迷いが生じる。

日経バイオテクという、バイオ専門メディアが〈新型コロナワクチン、早く打ちたい医師や業界関係者はどの程度いる?〉と題する記事を昨年の12月15日に配信していた。


ワクチンが日本で利用可能となった場合、国内の医師や製薬・バイオ業界の関係者は早期にワクチンの接種を受けたいと考えているか、その調査結果を伝えるものだ。

それによると、回答した医師6830人のうち、「早期にワクチンの接種を受けたい」と考えているのは35%、「早期に接種を受けたくない」は30%、「分からない」は35%だった。


一般市民を対象としたアンケートでは、「早期にワクチンの接種を受けたい」人は10~13%だというから、35%はそれと比較するとかなり高いといえる。

しかし、「早期に接種を受けたくない」+「分からない」と、早期接種に後ろ向きな医師は65%。医師の3分の2が乗り気ではないのだ。


この調査では、回答の理由についても尋ねている。

「早期にワクチン接種を受けたくない」と回答した医師たちの70%以上は、「ワクチンの安全性がまだ十分に検証されていない」を理由としている。


次いで多かったのは、「ワクチンの有効性(発症予防効果)が十分に検証されていない」「有害事象が怖い」「安全性や有効性などのデータが相当蓄積されるまで数年程度様子をみたい」であった。

つまり、多くの医師が、ワクチンの安全性について分からない、のである。


医師が分からないことを、我々一般国民が分かるはずもない。

その程度には謙虚に、いや、慎重に考えたほうがいい。


では、遠からずやってくる受けるか受けざるべきかの判断はどうすればいいのか。

それは、ワクチンを最も早く受ける予定になっている医療従事者等の接種結果を見て決めていくしかないと思う。


そうでなくてもコロナ禍の負担が大きな彼らにワクチンの実験台にまでなってもらうというのは申し訳ないのだが、国民の多くはその実験結果を見ながら自分や家族の接種について考えていく。

残酷なようだけれども、そういう現実が目の前にある。


これから先、我々はより目を光らせなければならない。

ワクチン接種を進めていく中で掴んだ情報を国がきちんと提供しているかどうかである。


何年後、何十年後の体への影響まで分からないのは仕方ないとしても、接種後にどんな副反応がどのくらいの規模で出たのかは、事細かに知らせる責任が国にある。

ワクチン政策を推し進めたいがためにボカしたり、隠蔽したりしている情報はないか。厳しく監視する姿勢が肝心だ。

 


~~~
■ぶっつけ本番のコロナワクチン、受けるべきか受けざるべきか
NEWSポストセブン(2021.01.24)
https://www.news-postseven.com/archives/20210124_1629833.html?DETAIL

 

 

 

 

 

 

■【ニッポン放送】渡邉美樹5年後の夢を語ろう!21/02/06放送分(ゲスト心臓外科医:南和友医師)

 

「私はワクチンを打たない」

「DNA変異物質は、ワクチンであれ、体内に入れると一生抜けない」

メッセンジャーRNAワクチンは今まで作られたことはない、初めてのワクチン」

「通常ワクチン開発は10年以上かかる」

 

 

(南和友医師は日本人では初となるドイツ・ボッフム大学永代教授であり、ドイツで30年以上、これまでに2万例以上の手術を執刀してきた心臓外科医。世界トップレベルの心臓手術実績を誇るドイツの心臓センターでは、設立時から参加した経験)

 

ニッポン放送】渡邉美樹5年後の夢を語ろう!21/02/06放送分(ゲスト心臓外科医:南和友医師)
https://omny.fm/shows/jolf/5-21-02-06?t=5m46s

 

 

 

 

 

 

アメリカトランプ政権時に発生した、コロナウイルス

今や世界中にコロナウイルスが感染しているというニュースで溢れています。

 

一方、当時の安倍政権は、殆どワクチンに関する議論を殆どしないまま、何故か、突然海外製ワクチンを契約。

そして、野党も与党も殆ど異論を唱えず、その間マスコミは「コロナ感染者数」を煽るだけ。

 

政治家は、海外製ワクチン契約について民主的なステップを踏まずにビッグファーマ(多国籍巨大製薬メーカー)との契約。

まさに「海外製遺伝子組み換えワクチン」を全日本国民へ接種するという密命でもあるかのような動きと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

驚きなのが、国内の大手製薬メーカーの名前はほとんど上がってこないことかもしれません。

日本の医療技術は世界トップクラス、ノーベル賞受賞者も多数輩出している日本が、自国ワクチンが殆ど開発なされていません。

 

ニュースに上がってくるのは、ファイザーアストラゼネカと契約した、下請受託生産する企業の名前だけではないでしょうか。

日本の医療分野は、海外勢に完敗したと言ってもいいのかもしれません。

 

ただ。

日本の医学・医薬分野は「医学・医薬」で負けたのでしょうか、それともビッグファーマによる「政治力」で負けたのでしょうか。

 

本来、日本のマスコミは、そして日本の政治家は、どこを応援すべきだったのでしょうか。

いずれにしても、多額の日本の税金を投下し、海外製遺伝子組み換えワクチンを大量に、日本人に接種する方向で進んでいるのは周知の事実です。

 

多額の税金が、ビッグファーマに支払われます。

ただ、それだけではありません。

 

海外製遺伝子組み換えワクチンは、今まで人類が経験していないDNA組み換えに関与するワクチンです。

副作用程度で済めばよいのでしょうが、問題は「人体改造となる可能性がある」という点です。

 

医学分野で実績や経験を積んだ方々も懸念しているのが、接種後すぐに表れる副作用ではなく、その後「中長期に渡る人体への影響」です。

「がん」や「障害」の発症、脳細胞や出生率にも影響が及ぶという医学分野のスペシャリストもいらっしゃいます。

 

リスクは、日本人の税金や副作用だけではありません。

中長期に渡る、日本人の遺伝子に係わるリスクかもしれません。

 

仮に、そのワクチンに「悪意」があったとしたらどうでしょうか。

もし、そのワクチンが、ある特定の国だけに悪意ある「遺伝子組み換え技術」が施されていたらどうでしょうか。

 

コロナは「戦争」という方々もいらっしゃいます。

ワクチンは「国防」という方々もいらっしゃいます。

 

遺伝子は、子どもや孫、その子孫にまで影響を及ぼします。

今、私たち一人一人の決断が、今後の日本の未来を左右するという重要な局面にあるのかもしれません。

 

 


最後に、3つ、動画と記事をご紹介いたします。

 

 

 

 

 


■新型コロナワクチンは危険

岡田正彦(新潟大学名誉教授)医学博士

【新型コロナのエビデンス】 

・コロナ遺伝子組込み用人間改造注射液ーーこれがワクチンの正体だ!!

ファイザー、モデルナは「メッセンジャーRNAワクチン」、アストラゼネカは「DNAワクチン」

 

 

 

 

 

 

 


ビル・ゲイツと世界のエリートは自分の子供をワクチン接種しない...それには正当な理由がある

(Bill Gates and the World’s Elite DO NOT VACCINATE their own children… and for good reason)

「NEWSTARGET(01/22/2019 / By S.D. Wells)」より

https://newstarget.com/2019-01-22-bill-gates-and-the-worlds-elite-do-not-vaccinate-their-own-children.html

(NewsTargetの機械翻訳記事)


~~~

ビル・ゲイツと世界のエリートは自分の子供をワクチン接種しない...それには正当な理由がある】

生まれたばかりの子供を持つ親が下すことができる絶対的に最悪の医療上の決定は、医師や看護師が、既知の神経毒、外来タンパク質、水銀、ホルムアルデヒド、サルの腎臓細胞、豚ウイルス、人間の中絶で得た遺伝子組み換え細胞などの発がん性物質を乳児に注射することで、乳児の免疫システムを著しく危険にさらすことである。

悪名高く陰湿な人口管理フリークでマイクロソフトの巨頭である億万長者のビル・ゲイツは、世界中、特に第三世界の国々で有毒なジャブを推進しているにもかかわらず、自分の子供が成長するときにワクチンを打つことを拒否したのはそのためです。

事実です。

1990年代に戻ってシアトルにいたゲイツの元私立医は、"彼が大人として彼らにワクチンを接種させたかどうかは知りませんが、彼が子供として彼らにワクチンを接種することを真っ向から拒否したと言えるでしょう "と述べています。

この引用は、医学シンポジウムでのサイドノートの会話の間にゲイツ氏の医師から取られたもので、出席した医師の間で小さな騒動を引き起こしました。

それでも、それは遅すぎた - 猫は袋から出てきた、そして今、世界は、根本的に、宗教的に医学の「聖杯」としてワクチンをプッシュするエリートの究極の偽善を知っている、すべての彼らは自分の子供たちの血液や筋肉組織から同じ毒を維持しながら、副作用や有害事象のリスクが高いことを十分に知っている可能性のある利点をはるかに上回る。

ビル・ゲイツの3人の子供、ジェニファー、フィービー、ローリーはワクチンを受けたことがなく、今では健康な若い大人になっています。

1996年から2002年の間に生まれたゲイツの子供たちは水銀とホルムアルデヒドを筋肉組織に注射されたことがありませんでした。

待って、あなたは彼がコンピュータ・ソフトウェアで財を成したと思っていたのか?

もう一度考えてみてくれ。化学薬品と人口抑制計画には莫大な利益があり、陰湿なビルは毎日その金儲けの牛に乗っているのだ。

TruthWikiによると、「ゲイツは反競争的であることと、プロワクチン狂信者であることで広く批判されている。彼はビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて様々な科学研究プログラムに多額の資金を寄付するなど、多くの「慈善活動」に従事している。

ゲイツ氏は、世界の人口問題に対処するために、大量不妊手術のために設計された技術にまで資金を提供している。

群集論は常に大きなデマであり、世界のエリートはそれを知っています。

ワクチンを接種された子供達の多くは、毒性のあるジャブの後の最初の数週間の間に、注射されたばかりのウイルスが抜けてしまうことが多いので、お互いに実際のリスクとなっています。

ある研究によると、カリフォルニアの最も裕福な家庭(白人であることが多い)は、子供にワクチンを接種していません。

実際、カリフォルニア州の16,000人以上の幼稚園児がワクチンを受けていないのは、白人のエリート主義者の親が、宗教的、個人的な信念、医師の承認した免除を利用して、子供たちを除外しているからです。

分かるか?エリートは、予防接種に本質的に何か悪いことがあることを知っているが、彼らはそれについて語ろうとしないだけで、MSMのニュースはそれをカバーしていない。

アメリカの富裕層は、ポリオ、マラリアMMR、CDCの "非常に推奨されている "毎年のインフルエンザの予防接種などの実験的ワクチンから子供が自閉症になるリスクを冒したくない

ビル・ゲイツの元医師によると、医療セミナーで非公開のドアの後ろに引用された、ゲイツは自分の子供にワクチンは必要ないと言ったが、全世界はそうでなければ教育されていないのではないだろうか?

CDCは、赤ちゃんは免疫システムが弱く、損なわれた状態で生まれ、7歳までに50回のワクチンを接種しなければならないことを私たちに知らせていないのでしょうか?

それは物語ではありませんか?

ここでは、ビル・ゲイツ氏のワクチンに対する意見について、セミナーでの自身の医師の発言を紹介します。

"彼らは美しい子供たちで、本当に賢くて生き生きとしていて、彼は彼らがそのままで大丈夫だと言っていました、彼らはどんな予防接種も必要ないと"

今、ビル・ゲイツと彼の堕落した財団は、実験的で、テストされていないマラリアワクチンをケニア、ガーナ、マラウイの罪のないアフリカの人々に押し付けています。

批評家たちは、これはすべて過疎化計画の一環であり、破傷風のジャブを含むいくつかのワクチンには、若い女の子を不妊にする化学物質が含まれていることが判明しています - ワクチンの機能とは全く関係のない化学物質です。

大量のワクチン接種によって第三世界の人々を病気から守るというビル・ゲイツの「使命」は、自分の子供たちに対する彼自身の個人的な行動に反しており、保健機関やワクチンメーカーとの深い金銭的な協力関係とは縁起が悪い。

ワクチンの安全性を取り巻く腐敗がどのように蔓延しているのか、そしてなぜ世界のエリートたちは、子供たちに実験的で、実験されていない、致命的な神経毒や遺伝子組み換えバクテリアの株を注射させるよりも良いことを知っているのかを、Vaccines.newsで詳しく紹介している。


~~~
ビル・ゲイツと世界のエリートは自分の子供をワクチン接種しない...それには正当な理由がある

(Bill Gates and the World’s Elite DO NOT VACCINATE their own children… and for good reason)

「NEWSTARGET(01/22/2019 / By S.D. Wells)」より

 

 

 

 

 

■「人道に対する罪」コロナ騒動の元凶ゲイツを糾弾したイタリア女性国会議員「サラ・クーニアル議会演説」(2020年5月18日)

~~~

ビル・ゲイツはすでに2018年に感染爆発を予言しました。

そしてこれは、昨年10月の「イベント201」でシミュレーションされたんです。

彼のダボスの仲間に従ってです。

そして彼は、何十年にもわたり、人口削減計画を作ってきました。

全世界の政策を専制支配する計画もです。

この目的としては、農業、テクノロジー、エネルギーに対する支配権を得ることです。

彼はその宣言で文字通り言ってますよ。

「我々がワクチン、健康について良い仕事をすれば、世界人口を10%から15%削減できるだろう」と。

彼は続けます、「大虐殺のみが世界を救うことができるのだ」と。

彼のワクチンのおかげで、アフリカの数百万人の女性の不妊に成功しました。

そして、ポリオ流行をつくり出し、インドの50万人の子供をまひさせたのです。

今現在、彼のDTaPワクチン(三種混合ワクチン)は病気そのものよりも死者をもたらしているのです。

モンサントによってデザインされた、彼の不妊化されたGMO(遺伝子組み換え食品)と同様に、そして、必要な人々に気前よく与えられたのですが、これは全て、彼が顔認識のための量子タトゥーを考慮しているからです。

そしてRNAワクチンというのは、われわれの免疫システムを再プログラムするためのツールです

~~~

■「人道に対する罪」コロナ騒動の元凶ゲイツを糾弾したイタリア女性国会議員「サラ・クーニアル議会演説」(2020年5月18日)
https://newspunch.com/italian-mp-bill-gates-charged-international-criminal-court-crimes-against-humanity/