oonoarashi’s blog

岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!「安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介」エキサイトニュース 2015年8月17日 https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1400/

残留日本人孤児 「恩を絶対忘れない」~「残留孤児」だった おばあちゃん~

 

■「残留孤児」だった おばあちゃん

NHK(2021年5月7日)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210507/k10013014691000.html


~~~


・中国に取り残された少女


祖母・美和子さんは、日中戦争のさなかの1943年、旧満州・現在の中国東北部で日本軍の軍人だった父親と日本人の母親の間に生まれました。


しかし、美和子さんが1歳の時、日本は敗戦。

美和子さんの家族を含む大勢の日本人が、船で帰国しようと沿岸部を目指しました。


しかし、そこまでの道のりは1000キロ以上。

途中、多くの人たちが飢え、寒さ、病気で衰弱。


ソビエト軍や中国人に殺される人もいました。

美和子さんの母親は、1歳の娘を連れて行くことを断念。


美和子さんを中国人の養父母に預けたのち帰国を目指しましたが、栄養失調で命を落としたといいます。

こうして美和子さんは1歳で、家族と離ればなれになりました。

 

・ひた隠しにした「日本人」


幼少期、美和子さんは養父母が本当の両親だということを疑ったことはありませんでした。

愛情を一身に受けて育ててもらっていたからです。


自分は中国人。

そのことに何の疑問も持っていませんでした。


ところが小学生のころ、近所の子どもに言われたといいます。

「あなたは、日本人なんでしょ」


美和子さんは、言っている意味が理解できませんでした。

でも、養母に確認すると、日本人であることが明かされました。


当時、中国では戦争相手国だった日本は敵視され、日本人であるというだけでいじめを受けたり、当局に目を付けられたりする恐れがありました。

だから美和子さんは、日本人であることを必死で隠したといいます。


でも、どこで知られるのか、突然「日本鬼子」と差別的なことばを投げつけられることもありました。

美和子さんと家族は、周囲に広まることを恐れて、引っ越しや転校をしなければなりませんでした。

 

・募る祖国への思い


その後、美和子さんは中国人男性と結婚。

4人の子どもにも恵まれ「中国人として」貧しいながらもささやかな幸せを感じることができました。


一方で、自分が「日本人である」ことを知った時から、美和子さんの中に「本当の親は日本にいる。

会いたい、日本に帰りたい」という思いが芽生え、徐々に大きくなっていきました。


しかし、日本と中国の間に国交はなく、反日感情が根強く残っている中で、本当の気持ちを口に出すことはできませんでした。

「自分は日本人」


そう言いたくても、子どもたちにさえ話せなかったといいます。

 

・そして、日本へ


戦後30年近くがたったころ、事態が少しずつ動き出します。

1972年、日本と中国の国交正常化が実現。


その後、美和子さんと同じ境遇の人たちが、生き別れた肉親を探す活動を盛んに行うようになり、こうした人たちの存在は「中国残留孤児」として知られるようになりました。


活動を知った美和子さんは祖国への思いが抑えきれず、日本の大使館に自分の写真や境遇を説明する手紙を出しました。

そして、ほどなくして美和子さんの情報が載った新聞記事を父親が見つけてくれたとの知らせが届きます。


1983年12月。美和子さんは祖国の地に初めて降り立ちました。

目の前には、もう会えないと半ば諦めていた父親ときょうだいの姿がありました。


一目見て血のつながった家族だと確信。

美和子さんは子どものように泣きじゃくりながらいつまでも抱きしめていました。

 

美和子さん


「お父さんの顔を見た時、自分と似ていてとてもうれしかった。血のつながった家族に、本当に会えた。その時の気持ちは、ことばに言い表せないほどよ」

 


・伝えてほしい

 

美和子さんは帰国後、ことばの壁で苦労しながらも日本で働き、仕事で忙しい長女夫婦に代わって、孫の昇さんの成長も見守ってきました。


そして、その昇さんが、中国語で美和子さんの生い立ちを聞いてきてくれた時も、ことばに言い表せないほどのうれしさがこみ上げてきたといいます。


孫の世代に残留孤児たちの経験を伝えてもらえると感じたからです。


~~~
「残留孤児」だった おばあちゃん
NHK(2021年5月7日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210507/k10013014691000.html

 

 

 

 

 

 

■残留日本人孤児 「恩を絶対忘れない」

朝日新聞 2017年6月28日

https://www.asahi.com/articles/ASK6W5H8GK6WUHBI023.html


~~~


日本に帰国した中国残留日本人孤児やその家族ら約100人の「日中友好報恩訪問団」が27日、北京の人民大会堂全国人民代表大会全人代、国会に相当)常務委員会の王晨・副委員長と会見した。


訪問団長の池田澄江さん(72)は「(中国の)養父母の教育の下で成人になり、現在の私たちがある。私たちは恩に報いることを絶対に忘れない」と話した。

王氏は会見で「あなた方は長い間日本で暮らしているのに、いつも中国の養父母の恩を心に銘記し、積極的に中日友好の事業に身を投じていることをたたえたい」と述べた。


帰国した孤児らを支援するNPO「中国帰国者・日中友好の会」による大規模訪問団は2009年と15年についで3回目で、温家宝(ウェンチアパオ)前首相と会見したこともある。

今回は孤児46人と家族ら計102人が参加し、過去最大となった。


~~~
残留日本人孤児 「恩を絶対忘れない」
朝日新聞 2017年6月28日
https://www.asahi.com/articles/ASK6W5H8GK6WUHBI023.html