oonoarashi’s blog

岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!「安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介」エキサイトニュース 2015年8月17日 https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1400/

■日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか? ヤフーニュース(2018/12/24)遠藤誉(筑波大学名誉教授、理学博士)

 

 

■日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?

ヤフーニュース(2018/12/24)遠藤誉(筑波大学名誉教授、理学博士)

https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20181224-00108787/

~~~

 

◆日本の半導体産業を徹底して潰したアメリカ:常に「ナンバー1」を求めて

 

1980年代半ば、日本の半導体は世界を席巻し全盛期にあった。

技術力だけでなく、売上高においてもアメリカを抜いてトップに躍り出、世界シェアの50%を超えたこともある。


特にDRAMDynamic Random Access Memory)(ディーラム)は日本の得意分野で、廉価でもあった。

それに対してアメリカは通商法301条に基づく提訴や反ダンピング訴訟などを起こして、70年代末から日本の半導体産業政策を批判し続けてきた。


「日本半導体アメリカ進出は、アメリカのハイテク産業あるいは防衛産業の基礎を脅かすという安全保障上の問題がある」というのが、アメリカの対日批判の論拠の一つであった。

日米安保条約で結ばれた「同盟国」であるはずの日本に対してさえ、「アメリカにとっての防衛産業の基礎を脅かすという安全保障上の問題がある」として、激しい批判を繰り広げたのである。


こうして1986年7月に結ばれたのが「日米半導体協定」(第一次協定)だ。

「日本政府は日本国内のユーザーに対して外国製(実際上は米国製)半導体の活用を奨励すること」など、アメリカに有利になる内容が盛り込まれ、日本を徹底して監視した。


1987年4月になると、当時のレーガン大統領は「日本の第三国向け輸出のダンピング」および「日本市場でのアメリカ製半導体のシェアが拡大していない」ことを理由として、日本のパソコンやカラーテレビなどのハイテク製品に高関税(100%)をかけて圧力を強めた。


1991年7月に第一次協定が満期になると、アメリカは同年8月に第二次「日米半導体協定」を強要して、日本国内で生産する半導体規格をアメリカの規格に合わせることや日本市場でのアメリ半導体のシェアを20%まで引き上げることを要求した。


1997年7月に第二次協定が満期になる頃には、日本の半導体の勢いが完全に失われたのを確認すると、ようやく日米半導体協定の失効を認めたのである。

 


(中略)

 


◆見るも無残な日本半導体の現状

 

アメリカの半導体市場調査会社IC Insightsの統計によれば、2017年の世界半導体メーカー売上高トップ10の第一位を飾っているのはサムスン電子で、あのインテルを追い抜いている。

2018年ではサムスン電子の前年比成長率は26%であるのに対し、インテルは14%と、インテルとの差を広げている。


日本は1社(東芝)が辛うじて滑り込んでいるありさまだ。

ファブレス半導体メーカーに至っては、日本勢は1社もトップ10に入っていない。


同じくIC Insightsが2018年初頭に発表した統計によると、2017年のファブレス半導体メーカー世界トップ10は、アメリカ6社、中国2社、シンガポールと台湾各1社となっており、日本の半導体メーカーの姿はないのである。


消えてしまった。

ファブレス半導体トップ10の第7位はHuaweiのハイシリコン社だが、Huaweiでさえ、ハイテク製品企業の研究開発部門を本社から切り離し、半導体の研究開発だけに特化できる会社としてハイシリコン社を立ち上げている。


日本は、これができなかった。

総合電機が半導体事業を抱え込んだまま沈んでいき、分社化する決断と経営の臨機応変さが欠けていた。


そして韓国が虎視眈々と東芝を狙っていた、あの「狡猾さ」というか「窃盗まがいの逞しさ」に気づかず、日本の当時の通産省が主導した半導体先端テクノロジーズ(Selete、セリート)に日本国内の10社以外に、なんとサムスン電子だけを加盟させて11社にし、サムスンの独走を許してしまったのである。


中国の半導体の動向に関しては新刊『「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか』で詳述したが、アメリカは同盟国である日本に対してさえ、アメリカを追い抜くようなことを絶対に許さず、「アメリカにとっての防衛産業の基礎を脅かすという安全保障上の問題がある」として日本半導体を潰してしまった。ましてや最大のライバル国(敵国?)である中国に対してなど、どんな手段でも取り、いかなる容赦もしないだろう。


言論弾圧をする一党支配体制の国を潰すのは歓迎する。

ただ、日本はアメリカの同盟国だったからこそ、抵抗できずに潰されてしまったが、中国の場合はそうはいかない。


致命傷でも負わない限り、徹底して抵抗し続け、逆に強大化していく可能性(危険性?)を大いに孕んでいる。

それは「中国製造2025」を完遂させるための中国の執念や人材の集め方などをご覧いただければ、ご理解頂けるものと信じる。


今やっかいなのは、日本が、中国のハイテク製品メーカーに日本半導体を使ってもらおうと、政府丸抱えで必死だということだ。

特に半導体製造装置に関しては日本はまだ優位に立っており、中国の日本への視線は熱い。


・さて、いま日本はいかなる立ち位置で、どこにいるのか――。


東芝の経営体制や韓国側のモラルが問題なのか、日本全体の産業政策が間違っていたのか。


あるいはアメリカには何を言われようとも、何をされようとも、日本は文句が言えない立場にあるのか?

東芝の元半導体技術者のモラルも問われないわけにはいかないだろうが、少なくとも東芝と当時の通産省(のちの経産省)などの脇が甘かったことだけは確かだ。


サムスンとの経緯を踏まえながら、ともかく日本の国益をこれ以上は損なわないよう、日本国民は強い自覚を持たなければならないし、日本政府には熟考をお願いしたいと思う。

 

~~~
■日本の半導体はなぜ沈んでしまったのか?
ヤフーニュース(2018/12/24)遠藤誉(筑波大学名誉教授、理学博士)
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20181224-00108787/

 

 

 

 

★PR★PR★PR★PR★PR★PR★


『もしも、僕が日本を支配するなら、こうやります!~妄想と想像の日本支配の3ステップ~』

電子書籍BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

https://bookwalker.jp/dea5054443-6ec0-4f3b-be1d-973ed3a016e7/


もしも、僕が海外超富裕層の権力者だったら・・・。

政治的にも、経済的にも圧倒的権力があったなら。

僕はこうやって日本を支配します。

初期段階と中期段階、そして最終段階。

日本の政治と経済、そして領土を奪うための3ステップ。

日本崩壊は、こうやって行われる?!

 

【目次】


~プロローグ「日本支配3ステップのための前提条件」~日本を支配するための基本手口


【STEP1】日本支配のための初期段階:ファーストステップ

《政治家》《官僚》《検察、司法》《自衛隊》《教育》《メディア》《人口減少》


【STEP2】日本支配のための中期段階:セカンドステップ

《消費税》《医療・海外製医薬品》《民営化によるインフラ》《食と農》《水》《インターネット》《政府系システム》《ソフトウエア(OS)》《検索エンジン》《民間企業》《バラマキ外交》


【STEP3】日本支配のための最終段階:ファイナルステップ

天皇制》《日本文化》《私権制限》《エネルギー》《精神的腐敗》《夫婦別姓》《円安》《スタグフレーション》《外国株》《アクティビスト》《週休3日制》《ワクチン》《ロックダウン》《サプライチェーン》《増税》《人工災害》《選挙》《連立政権》《移民》《分断統治

 

『もしも、僕が日本を支配するなら、こうやります!~妄想と想像の日本支配の3ステップ~』

電子書籍BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

https://bookwalker.jp/dea5054443-6ec0-4f3b-be1d-973ed3a016e7/

 


《その他オススメ電子書籍

■『新たな視点獲得「驚き再発見!」~マイナー過去ニュース記事の考察から新たな「発見」「視点」を~』(著者 二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト)

電子書籍BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

https://bookwalker.jp/de8fdb8e9c-0d29-46f8-838b-156fbdb50d70/


■『【テレビは報じない?!】新たな視点獲得「驚き再発見!」過去ニュース記事スクラップ集『社会問題・メディア・IT編』』(著者 二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト)

電子書籍BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

https://bookwalker.jp/def7faedec-8e96-4940-9a00-186b4b4224ea/


■『【テレビは報じない?!】新たな視点獲得「驚き再発見!」過去ニュース記事スクラップ集『経済・財政編』』(著者 二千社以上企業訪問してきた東証一部上場企業のベンチャーキャピタリスト)

電子書籍BOOK☆WALKER(KADOKAWA)

https://bookwalker.jp/deb8c02847-2489-4624-9f05-c2cefbbd67b1/


★PR★PR★PR★PR★PR★PR★