oonoarashi’s blog

岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!「安倍晋三首相が愛してやまない祖父、岸信介」エキサイトニュース 2015年8月17日 https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1400/

■防衛費過去最大「にじむ対米配慮」~過去最大、5兆2574億円の防衛費。第二次安倍政権発足以来、7年連続の増額~NHK:解説委員会(2018年12月25日:増田剛 解説委員)

 


防衛費過去最大「にじむ対米配慮」

NHK:解説委員会(2018年12月25日:増田剛 解説委員)

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/311729.html

 

~~~


過去最大、5兆2574億円の防衛費です。

第二次安倍政権発足以来、7年連続の増額となりました。


Q2)
過去最大だけあって、大きな箱ですね。

A2)
はい。箱を大きくしている、つまり、防衛費を押し上げているのが、F35戦闘機やイージス・アショアといった、アメリカ製の高額な装備品です。

そして、こうした装備の調達方法がFMSです。

Q3)
FMSと言いますと。

A3)
はい。FMSは、アメリカ政府を直接の窓口とする装備の調達方法で、日本としては、アメリカの最新の装備を導入できるメリットがあります。

一方で、価格はアメリカ側が設定し、代金は日本側が前払い、というように、かなりアメリカに有利な契約方法なんです。

今回の防衛費で、FMSは7013億円。前の年度から、3000億円近く増えています。10年前と比べると10倍以上。

もちろん、厳しい安全保障環境に対応するため、高性能な装備が必要だということになると、アメリカ製に依存せざるを得ないという事情はあります。

ただ、そうはいっても、一番喜んでいるのは、やはり、トランプ大統領かもしれません。

Q4)
それは、アメリカ製の装備をたくさん買ってくれたから・・ですか。

A4)
その通り。

トランプ大統領は、対日貿易赤字を問題視し、アメリカ製装備の購入拡大を求めてきました。

安倍総理は、アメリカ製装備の購入実績をアピールすることで、対日圧力をかわす狙いがあるのではないか。

そういう見方が広がっているんです。

このように今回の防衛予算は、対米配慮がにじみ出たものになりました。

 

~~~
■防衛費過去最大「にじむ対米配慮」
NHK:解説委員会(2018年12月25日:(増田剛 解説委員)
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/311729.html